SDGsの取り組み SDGs ACTION

ユニフォーム制作で持続可能な社会を支援します

2030年までに持続可能でよりよい世界を目指すための国際目標「SDGs」を達成するために、
DMM uniはユニフォーム制作を通して企業様が取り組むSDGs活動を支援します。

DMM uni、持続可能な開発目標(SDGs)のロゴ

DMM uniが支援できるSDGs

SDGs(Sustainable Development Goals)とは、持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、「誰一人取り残さない」という理念のもと、貧困や格差をなくし、持続可能な社会を実現するために2030年までに世界が取り組む行動計画です。
 DMM uniでは、SDGsの活動として「BLUELOGY」のご提案が可能です。

  • 「01.貧困をなくそう」のイメージ
  • 「02.飢餓をゼロに」のイメージ
  • 「03.すべての人に健康と福祉を」のイメージ
  • 「04.質の高い教育をみんなに」のイメージ
  • 「05.ジェンダー平等を実現しよう」のイメージ
  • 「06.安全な水とトイレを世界中に」のイメージ
  • 「07.エネルギーをみんなにそしてクリーンに」のイメージ
  • 「08.働きがいも経済成長も」のイメージ
  • 「09.産業と技術革新の基盤を作ろう」のイメージ
  • 「10.人や国の不平等をなくそう」のイメージ
  • 「11.済み続けられるまちづくりを」のイメージ
  • 「12.つくる責任つかう責任」のイメージ
  • 「13.気候変動に具体的な対策を」のイメージ
  • 「14.海の豊かさを守ろう」のイメージ
  • 「15.陸の豊かさも守ろう」のイメージ
  • 「16.平和と公正をすべてのひとに」のイメージ
  • 「17.パートナーシップで目標を達成しよう」のイメージ
  • 「SDGs」のイメージ

BLUELOGY

対象ゴール

  • 「06.安全な水とトイレを世界中に」のイメージ
  • 「12.つくる責任つかう責任」のイメージ
  • 「14.海の豊かさを守ろう」のイメージ
BLUELOGYのイメージ

BLUELOGYとは、従来の人体や環境に有害な物質を使用せず、天然物質を使用した撥水加工技術です。世界的な繊維製品の安全証明である「OEKO-TEX®(エコテックス)」認証を取得しているため、「安全性」が保証されています。撥水効果は20回以上洗濯した後でも90%以上保つほどの「持続性」を持っており、さらにアイロン等で加熱することにより撥水効果の再生が可能になります。
 また、天然・合成繊維を問わず様々な繊維に加工することができ、衣服だけでなく家具や建築資材など幅広く応用できる「汎用性」も特徴の一つです。

従来の技術BLUELOGY
安全性
  • ワックス、パラフィン、ウレタン、シリコン系を使用。
  • 人体に有害。
  • 天然物質を使用。
  • 人体に無害。
持続性
  • 平均10回の洗濯後の耐久性は3級。
    ※級数が高いほど耐久性が高い。
  • 再加工は不可能。
  • 平均20回の洗濯後の耐久性は4~5級。
  • 平均10回のドライクリーニング後は平均4~5級。
  • 再加工が可能。
汎用性
  • 加工対象は主に合成繊維の生地。
  • 加工対象は天然および合成繊維の生地や完成品。
ページトップへ戻る